マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)part1

今日はマクラメ編みを使用した天然石の包み方を写真を使って紹介します。
いろんな方法がありますが、特に簡単で応用がきく絶対に覚えておきたい方法を伝授します。
まずは包みたい天然石を選びます。

何でもいいですが、初心者はなるべく厚みのないルースを選んだ方がいいと思います。厚みがあると最初は包みにくいです。

私は3.6×2.3cmとかなり大きめなペルー産クリソコラを今回選びましたが、練習の場合はもう少し小さいものを使ってください。大きければそれだけ編む回数が増えるためなかなかゴールまでたどり着けないという理由です。

ちなみに今回使用するワックスコードはLinhasita 0.75mm これも何でもいいですが焼き止めができるポリエステル製のワックスコードが編みやすくて処理が楽という理由です。

まずは芯紐130cmx2 巻き紐180cmx2 をカットします。(ある程度の長さがあったほうが編みやすいのでかなり長めにカットしましたが、石のサイズや作りたいデザインによって必要な長さは変化しますのでこれはあくまで一つの目安です。)

芯紐二本が外側、巻き紐二本が内側になるようにして、紐のちょうど真ん中あたりをクリップで固定します。

(写真では自作のキットを使用していますが、クリップボードで挟むやり方やレンガなどの重いものを紐の上に乗せて固定するやり方などいろいろあります。紐が細くなれば細くなるほど固定しずらくなります。)

それでは編み始めます。石の周りはタッチング結びといわれる一つの編み方だけを使用します。

 

内側の巻き紐一本をとって写真のように芯紐に結んでいきます。

緩まないようにしっかりと結びます。(強く締めすぎると編目がひっくり返ってしまうので注意)

 

もう一本の巻き紐ももう一本の芯紐に同じように結んでいきます。そして緩まないようにしっかりと結びます。

 

左右一回ずつ結び終わったら、天然石の幅よりも少し広いぐらいになるように芯紐をずらします。

(実はここがかなり重要なポイントで、狭すぎると石が外れてしまい、広すぎると紐で石がかなり隠れてしまい見た目が悪くなります。最初は少し広めに取ることをお勧めします。慣れてくるとだいたい丁度いい具合がわかってくるのでそれまでは実践あるのみです。)

 

芯紐の幅が定まったら、その幅が変わらないよう慎重に二列目を結んでいきます。

  

もう一本も同じように芯紐の幅を意識して結びます。左側の巻き紐が上になって終わっています。

ここで巻き紐を入れ替えて右側の巻き紐が上になるようにします。(忘れやすいポイントなので要注意)

下になっている巻き紐(左側)から先に右側にある芯紐に結んでいきます。

 

次に右側の巻き紐を取って左側の芯紐に結びます。

同じようにいつも右側の芯紐を先に結んでいきます。

だいたい石の周りの半分ぐらいの長さになるまで編み続けます。

次に紐全体をひっくり返してまだ編み始めていない側(固定していた側)を編んでいきます。

 

今度は逆に左側の芯紐の方から結んでいきます。

 

するといつも左下に向かって流れていた巻き紐が今度は逆の右下に向かって行きます。

 

繰り返して左下に流れる巻き紐と同じ回数右下の流れを編んでいきます。

左右対称になるように念入りに編んだ数を数えます。

 

石の周りにはめ込んでみて長さをちょうどいいところまで調整します。(足りなければ編足して、長すぎたらほどく)

写真の感じだと少し足りないので左右一セットずつ編みたしました。

いい長さになったらいったん石から外して、石の表側になる方の芯紐どうしを結んでいきます。

(ここではタッチング結びではなく別の結び方を使用しています。片方を芯にしてもう一本の紐を結んでいくのですが、芯の上を通って下から出てきます。これを二回繰り返します。)

この段階である程度の力で締めますがすぐに緩んでしまうので注意

 

もう一度同じように結びます。そしてある程度きつく締めます。

そして石をはめ込みます。

石を裏返してまだ結んでいない裏側の芯紐どおしを同じように結んでいきます。

 

一回結んで

 

二回目を結んで力を入れてしっかり締めます。

この時点で紐の緩みがないか全部確認します。

ここまでで石包みが完了です。最初は幅がうまく真っすぐ編めなかったり、時間がとってもかかったりすると思いますが、同じ事の繰り返しなので何度もやっているうちに綺麗にそして短時間で出来るようになります。初めからうまくできる人なんてめったにいないと思うので、うまくいかなくても自分を責めずに根気よく続けてください。

この後の工程であるバチカン部分は次回part2で紹介していきます。

バチカン部分の編み方

私の作品を見たい方はこちらから

 

NAGIVAGI shop

 

 

 

 

 

シルバー925ワイヤーラッピングで作ったファイヤーオパールとエメラルドのペンダント

マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)part2

関連記事

  1. マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)p…

    前回石を紐で囲いこんだ状態で終了しましたが、今からその続きのバチカン部分(首…

  2. 初心者向けマクラメの基本、斜め巻き結びの編み方を…

    今回はマクラメの初心者向け、斜め巻き結びの編み方を教えます。…

  3. マクラメ編みを使用したダブルフレームでの天然石の…

    今回は写真のように天然石を囲い込んだ紐の周りに、もう一周違う色のフレ…

  4. マクラメ編みの巻き結びを使用したバチカン部分の編…

    巻き結びを使ってペンダントのバチカン部分の編み方を解説します。…

  5. マクラメの基本、横巻き結びと縦巻き結びの編み方を…

    今回はマクラメ編みの基本であり、デザインの幅がとっても広がる絶対に…

  6. シルバー925ワイヤーラッピングを使ったラブラド…

    ドロップ形のマダガスカル産ラブラドライトを上下反対に使用…

  7. シルバー925ワイヤーラッピングで作ったファイヤ…

     メキシコ産のファイヤーオパールをメインにしたペンダント。原…

  8. マクラメ編みで天然石ダブルカボションを包む編み方…

    このような天然石のルースふたつを連続してつなげる編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP