葉っぱのようなモチーフをマクラメ編みで作る編み方を教えます。

あけましておめでとうございます。

2019年がスタートしましたね。

もう11日も経っていますが、ようやく今年一発目のブログです。

みなさんもいい年になるように新しいことに挑戦してください。

それでは今回は写真のような巻き結びを使った編み方を教えたいと思います。

これもまたマクラメの代表的なモチーフの様な気がしますね。

横巻き結びができる方には楽勝です。是非試してください。

横巻き結びを習いたい方はこちら

5本の紐を適当な長さ用意します。

この形は紐の数は何本でもできます。

今回はわかりやすく、すぐに間違いに気が付くように2色の紐を使用しています。

最初は色をたくさん使う方が間違いにくいのでお勧めします。

右から左に向かって横巻き結び

一本が芯紐になり残りの4本で4セット編みます。

列を変えるとき右端一本の紐を無視して、また左に向かって横巻き結び

横巻き結び3セット終わったところです。

列を変えるときにまた一本の紐を無視します。

同じように1列ごとに紐を1本残していくことになります。

ここで芯の向きを左から右に180度変えて編んでいきます。

この様になりますね。

この後からは間違いやすいので要注意。

列を変えます。

最後に無視した紐を巻き紐にして巻き結び。

角度が変わって少し編みにくいですが、この編み方の宿命です。

列を変えます。

無視した紐で巻き結び。

最後の列に入りました。

一番最初に無視した紐で巻き結び。

これで1個完成です。

気が付いたかもしれませんが、

行きは巻き結びの回数が列を変える毎に4,3,2,1セットと減っていき、

帰りは1,2,3,4セットと増えていきます。

今回はこの回数、4,3,2,1,1,2,3,4で巻き結びしました。

紐4本で作るならば、3,2,1,1,2,3セット

紐6本でつくるならば、5,4,3,2,1,1,2,3,4,5セット

この様になるだけです。つまり紐何本でもこのモチーフは作れます。

続けてそのまま反対側にも同じモチーフを編んでみます。

左右一個ずつ同じモチーフを編むとこうなります。

スタートの列と終わりの列が平行になります。

3個作りました。

後は繰り返して練習してみてください。

ちなみに、間違えると色がずれていくので気が付くと思います。

簡単ですが意外とうかっり間違いやすいので慎重に編んでください。

今回の編み方を少し応用して作った作品です。

この作品に興味のある方はこちらからどうぞ

応用次第でいろんな見せ方ができる楽しい編み方です。

いろいろ工夫して編んでみてください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

マクラメ編み巻き結びでひし形ピアスを作る方法を教えます。

マクラメ編みの基本、ねじり結びとダブルねじり結びの編み方

関連記事

  1. マクラメ編みの基本、タッチング結びを写真で説明

    今回はマクラメ編みの基本中の基本であるタッチング結びを説明します。…

  2. マクラメ編み(タッチング結び)を使用した天然石の…

      出来上がりはこんな感じになる編み方を写真付きで解説。余談…

  3. マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)p…

    今日はマクラメ編みを使用した天然石の包み方を写真を使って紹介します。いろ…

  4. マクラメ編みを使用したダブルフレームでの天然石の…

    今回は写真のように天然石を囲い込んだ紐の周りに、もう一周違う色のフレ…

  5. マクラメ編み、巻き結びで天然石を包む方法を写真で…

    今回は写真の様な斜め巻き結びを使って天然石のルースを包み込む方法を…

  6. マクラメ編みの基本、ねじり結びとダブルねじり結び…

    こんにちわ今回はマクラメ編みの基本中の基本とも言えるねじり…

  7. マクラメ編み巻き結びでひし形ピアスを作る方法を教…

    今回は写真の様なひし形になる葉っぱの様な編み方を教えます。…

  8. マクラメ編みの巻き結びを使用したバチカン部分の編…

    巻き結びを使ってペンダントのバチカン部分の編み方を解説します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP