マクラメ編みの基本、ねじり結びとダブルねじり結びの編み方

マクラメ編みを使って簡単にブレスレット等を作ることができるねじり結び、ダブルねじり結びとその応用の編み方を解説

こんにちわ

今回はマクラメ編みの基本中の基本とも言えるねじり結び、

そこからの発展型であるダブルねじり結びとその応用を解説します。

とっても簡単で、すぐにブレスレットなんかが作れてしまう編み方です。

では始めましょう。

ます2本の紐を用意します。

解りやすいように芯紐を白、巻き紐をベージュを使います。

芯紐の下に巻き紐を置き、右側の紐を芯紐の上に持ってきます。

次に、左側の巻き紐を写真のように上に載せます。

下から上に向かって写真の様に。

しかっりと締めます。

この時、芯紐をしっかりと引っ張っておく必要があります。

左側にこぶみたいなものができましたね。

同じように右側の紐を取って左側に。

同じように芯をしっかり引っ張った状態で締めます。

2個目のこぶが出来ましたが、少しずれました。

繰り返します。

繰り返し編んでいくとこの様になります。

編目がねじれていくのがよくわかります。

これがねじり結びです。かんたんですね。

ではダブルねじり結びもやってみましょう。

もう1本紐を用意して、芯紐の下に置きます。



最初と同じように紐を足しました。

2色の巻き紐がいつも十字になるようにして結んでいきます。

繰り返すとこの様になります。

丸くて少し太い棒状になります。

ねじり結びとダブルねじり結びではだいぶ見た目が変わりますね。

続けて逆の編み方も練習しましょう。

左右逆になっただけで全く同じことの繰り返しです。

続けて編んでいくとこうなります。流れが逆になりました。

右スタートと左スタートでこのように流れが変わります。

この流れを応用したものが次の写真です。

右(ベージュ)右(オレンジ)左(ベージュ)左(オレンジ)

右 右 左 左 …..

このように右左交互に編んでいくとねじれがなく真っすぐになります。

そして丸ではなく、四角い棒状になります。

おもしろいですね。

ねじり結び一つでもこの様にいろんな表情がある事がわかります。

とても簡単ですので是非覚えてください。

この編み方を使用した作品はこちら

ここまで読んで頂きありがとうございました。

葉っぱのようなモチーフをマクラメ編みで作る編み方を教えます。

旅先での天然石との出逢い

関連記事

  1. マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)p…

    今日はマクラメ編みを使用した天然石の包み方を写真を使って紹介します。いろ…

  2. マクラメの基本、横巻き結びと縦巻き結びの編み方を…

    今回はマクラメ編みの基本であり、デザインの幅がとっても広がる絶対に…

  3. マクラメ編みを使用したダブルフレームでの天然石の…

    今回は写真のように天然石を囲い込んだ紐の周りに、もう一周違う色のフレ…

  4. マクラメ編みを使用した天然石の包み方(石包み)p…

    前回石を紐で囲いこんだ状態で終了しましたが、今からその続きのバチカン部分(首…

  5. マクラメ編みの巻き結びを使用したバチカン部分の編…

    巻き結びを使ってペンダントのバチカン部分の編み方を解説します。…

  6. 初心者向けマクラメの基本、斜め巻き結びの編み方を…

    今回はマクラメの初心者向け、斜め巻き結びの編み方を教えます。…

  7. マクラメ編み巻き結びでひし形ピアスを作る方法を教…

    今回は写真の様なひし形になる葉っぱの様な編み方を教えます。…

  8. マクラメ編みで天然石ダブルカボションを包む編み方…

    このような天然石のルースふたつを連続してつなげる編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP